保育士求人コラム

保育士さんにも関係あり?2015年スタート子ども・子育て支援新制度とは

「子ども・子育て支援制度」が、平成27年4月から本格的にスタートしますが、どんなものかご存知でしょうか。


ちゃんとニュースなどチェックされている方は、ご存知かもしれませんが、保育士さんは、忙しいので、案外その部分が抜けているかたも多いと思います。「子ども・子育て支援制度」がどんなものか簡単に説明しましょう。


平成24年8月、日本の子ども・子育ての課題を解決するため法律「子ども・子育て支援法」が成立しました。「子ども・子育て支援制度」というのは、この法律に基いて始まる制度です。取り組みの内容は、


●幼稚園と保育所のいいところをひとつにした「認定こども園 」の普及します。


●保育の場を増やし、待機児童を減らして、子育てしやすい、働きやすい社会にします。


●幼児期の学校教育や保育、地域の様々な子育て支援の量の拡充や質の向上を進めます。


●子どもが減ってきている地域の子育てもしっかり支援します。


内閣府 文部科学省 厚生労働省「子ども・子育て支援新制度なるほどBOOK」より


保育士さんが関わってくるのは、「認定こども園 」の普及というところでしょう。認定こども園 とは、0歳から5歳の子供を受け入れることができる幼稚園と保育所が合体したような施設。導入されたのは、平成18年からですが、今回、認可手続きなどのハードルが下がりました。新たな設置や移行がしやすいものになったので、増えていくものと思われます。


働く場が増えるというのは、保育士さんの需要が高まるということ。選択肢が増えるというのは、いいことでしょう。


また、この制度によって、幼稚園、保育所、認定こども園などで働く方の、処遇の改善も期待できます。保育士さんの仕事というとやりがいはあっても、重労働で、低賃金というイメージがあります。


認定こども園が普及して、子供をあずけられる場所が増えても、面倒をみてくれる人がいなければ意味がありません。保育の場で、働いてくれる人も増えること、職場に定着してくれることが重要です。待遇改善どんどんしていって欲しいところです。


ちなみに、この「子ども・子育て支援制度」に使われるお金は、毎年約7000 億円!消費税が10パーセントになったときの、増収分の一部がまわされます。消費税1パーセントで約2兆円の税収といわれていますが、7000 億円というと結構な割合です。消費税が上げられるのは嫌ですが、こうゆうものに使われるのなら、納得でしょう。政治家の人にも、こうゆう有意義なことにだけ、税金を使って欲しいんですけどねぇ...


キャッシング 安心